ビットコインのブロックチェーンの仕組みについて

ビットコインやその他の仮想通貨は銀行預金や従来型の電子マネーと同じようにネットワークに接続されたコンピュータで取引台帳が管理されており、送金取引を行う際にコインの所有者(アカウント)の情報が書き換えられます。

ただし仮想通貨は銀行預金や従来の電子マネーのように、取引台帳が1台のホストコンピュータによって管理されている訳ではなく、世界中の多くのマイナーと呼ばれる人のコンピュータ内に同一の台帳が共有(分散管理)されています。

このような台帳管理方法を、ブロックチェーン(分散型台帳管理)技術と呼びます。
仮想通貨の取引台帳はブロックと呼ばれる小さなデータに分けられています。

ビットコインの場合は約10分毎に送金取引(トランザクション)のデータがブロックに格納され、ブロックチェーンと呼ばれる取引台帳に「鎖」のように数珠つなぎに追加されます。
トランザクションの情報をブロックごとに小分けにしてブロックチェーンに結合することで、誰かが取引台帳の記録を不正に改竄することができないような仕組みになっています。

各ブロック内には、1つ手前のブロックの情報の一部が含まれています。
さらにブロックを結合するためには、前回のブロックの情報から作成された問題の正答(key)が必要です。

このため、ブロックが不正に改竄されても世界中のマイナーによって不正が発見され、正式なブロックチェーンとはみなされずに排除されます。

ビットコインの取引履歴を閲覧してみよう

ビットコインの取引台帳(ブロックチェーン)のデータは公開されているので、ネットワークを利用すれば誰でも自由に取引履歴を閲覧することができます。
ビットコインの取引履歴を閲覧するの日に必要なものはネットワークに接続されているPCや携帯端末と、ホームページを閲覧するためのブラウザだけです。

取引履歴の閲覧方法ですが、“Blockchain.info”というサイトにアクセスすると、最新の数ブロック分のデータサイズや格納されているトランザクションが表示されます。

「右上のさらに・・・→」をクリックすれば、その日に生成されたブロックの一覧が表示されます。
ブロック内の取引データを閲覧したい場合には、右下にある「サーチ」に閲覧したい「ブロック高」の番号を入力して「Search」をクリックすれば表示されます。

ちなみにウォレットアプリの取引履歴を参照すれば、自分のコインのトランザクションを見ることができます。
ビットコインの送金履歴(送金元・送金先アドレスや金額)は誰でも自由に閲覧することができます。

それでもビットコインアドレスは匿名で作成することができるので、個人のプライバシー情報は保護される仕組みになっています。

ブロックチェーンの仕組み