ビットコイン採掘方法と初心者が使いやすいおすすめソフト

ビットコインの特徴は、コインの取引は管理者やホストコンピュータを必要としないことです。その代わりに、マイナーと呼ばれる人がインターネットに接続されたPCや専用の計算機でマイニング(採掘)と呼ばれる作業を行うことで、仮想通貨取引が運営されています。特別な資格を持たない人でも専用のソフトウェアをインストールしたPCがあれば、誰でもビットコインやその他の仮想通貨をマイニングに参加することができます。最近はIT関係の専門的な知識がない人でも採掘作業に参加することができるソフトウェアがWeb上で配布されています。
「MinerGate」は初心者におすすめの仮想通貨採掘ソフトで、公式サイトから無料で配布されています。MinerGateはコマンド入力が不要なグラフィックベースのソフトウェアなので、初心者でも簡単に操作できます。ビットコインの他にイーサリアムやライトコインなどの採掘も可能です。
MinerGateの利用方法ですが、最初にコインアドレスなどの登録をしてから採掘したいコインの種類を選択して実行するだけです。初回はブロックチェーンを全てダウンロードするまで待つ必要がありますが、データの読み込みが終了すればすぐに採掘作業が始まります。CPUまたはGPUが選択でき、負荷を設定することも可能です。得られたコインは取引所で日本円などに換金して、自分の銀行口座に出金することができます。

ビットコインのマイニングはクラウドマイニングへ移行

ビットコインやその他の仮想通貨をマイニング際に、計算機は多くの電力を必要とします。日本は電気代が高いので、マイニング報酬として得られるコインよりも電気代の方が高額になって赤字になる場合があります。このため、日本で計算機を利用した採掘作業を行っても利益が得るまでに、かなりの時間がかかってしまいます。
仮想通貨の採掘で利益を得るために、クラウドマイニングに移行することができます。クラウドマイニングとはビットコインなどの仮想通貨のマイニングを行うグループやプールマイニングの管理者に投資を行う方法で、出資を行うことで間接的にマイニング作業に参加することができます。
クラウドマイニングに参加する方法ですが、最初にマイニンググループを選んで登録を行います。マイニンググループに登録したら、一定額の出資金をビットコインなどの仮想通貨で支払います。出資金を支払と、定期的に採掘されたコインの一部が配当金として支払われます。受け取った配当金が出資額を上回ると、利益を得ることができます。注意点として、マイニンググループが倒産したり詐欺グループであった場合には出資金を失うことになります。そのため、出資を行うグループを慎重に選ぶ必要があります。
クラウドマイニングの利点は、出資するだけで自動的に配当金がもらえることです。自分で計算機を用意して採掘する必要がないので、手軽にマイニングに参加することができます。

マイニングで投資を行う