採掘で手に入れる方法のマイニングとは

ビットコインは取引所に行って日本円やドルで支払って購入することもできますが、取引所でのサービスはビットコインを新規発行しているわけではありません。取引所のサービスはあくまでオークションサイトや市場のようなもので、手持ちのコインを売って現金を得たい人と、ビットコインを現金で買いたい人をマッチングさせる売買サイトの役割です。
ビットコインには採掘(マイニング)というものがあり、金の採掘のように掘り起こすことでコインをゲットすることができます。
具体的なやり方としては、定められた計算問題にチャレンジして、コンピュータで問題を解きます。そして一番最初に答えを発見したコンピュータがビットコインを採掘によって手に入れられる仕組みになっています。この計算競争は早い者勝ちで、P2Pで管理されているので公正にレースができるようになっています。
採掘に成功すると、真新しいコインが新規発行されて一番初めに答えを見つけた人がコインを手に入れることができます。そしてそれが終わるとまた新しい問題が出題されるという繰り返しです。

ビットコインを採掘で手に入れる

マイニングで手に入れられる確率

マイニングによってビットコインをゲットする仕組み自体は簡単ですが、マイニングに関する問題は答えを見つけるまでの演算と手間がものすごく大変です。
ビットコインは価格相場の上下がありますが、だいたい1BIT=7万円だとすると、一回成功すると25BITがもらえるので、いきなり175万円受け取れる計算になります。コンピュータの計算だけでこれだけいきなりお金が入るのですごい良い条件のように思えます。
しかし、この計算をして一番最初に計算の答えを出すには、超高速処理が可能な高性能コンピュータを用意する必要があります。現在ではパソコン1台くらいでは到底追いつけない状況になっているので、一人で太刀打ちするのはかなり難しいです。
そういう人でもマイニングを行なって報酬を山分けできるような仕組みになっているのが、マイニングプールです。チームを組んで行い、貢献した割合が多い人ほど多く報酬が山分けされる仕組みになっています。良いマイニングプールを選べば、個人でも報酬の山分けによって採掘の恩恵にあずかれる可能性があります。

ビットコインを採掘で手に入れる